忍者ブログ

僕の頭の中にある世界

僕の頭の中にある”疑問”の世界を書くブログ
07 2018/08 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 09

08.20.20:34

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

12.24.09:26

サンタクロースの正体

今朝、日本テレビ系の「目がテン!」で、”サンタクロース”を取り扱っていたのですが、その中でアポロ18号が月の裏側を探索し、そこから出てきた時にその乗組員が「サンタクロースを発見!」と言った、というエピソードが取り上げられ、これはその日が12月25日、すなわちクリスマスだった事からアメリカ国民に向けた”クリスマスプレゼント”的なメッセージだった、としていました。でも、実はこの”サンタクロース”と言うのが”UFO”の暗号である、という噂もかねてからありました。そして、飛鳥昭雄氏がUFOを地球内部のプラズマ亜空間天体”アルザル”に住む失われたイスラエル10支族の末裔、”アルザル人”の乗り物としています(参考:「亜空間の謎と地球空洞論」、「失われた地底王国、シャンバラの謎」)。更に、この”アルザル”のいう場所は「旧約聖書」によれば”北の果て”にある、と書かれており、それを飛鳥氏は”北極点”付近に発生した”プラズマトンネル”が”アルザル”の入り口である、としています。そして、サンタクロースの”故郷”は”北極”と言われています。となると、”サンタクロース”は事実”UFO”と何かしらの関係がある、という事なのか?

まず、”サンタクロース”のモデルになった人物と言えば、4世紀頃東ローマ帝国配下にあった小アジア(現在のトルコ)の司教、聖ニコラス。彼の逸話の中には「三人の娘を結婚させるお金のない父親の嘆きをたまたま聞いたニコラウスは、気の毒に思って、夜になってからその家に金塊(財布の説もある)を三つ投げ込んだところ、それが靴下の中に入った」というものがあります。それが今日の”サンタクロース伝説”の起源になる事は確かなのでしょう。しかし、これに近い逸話は実は”ユダヤ/キリスト教系”の聖人には多く見られる話で、「旧約聖書」の「出エジプト記」では、モーゼと兄アロンがイスラエルの民を従えてエジプトを脱出した際、神が”食料”として”マナ”と呼ばれるウェハースに近いパンのようなものを与えたり、イエス・キリストが西暦31年の「過越(すぎこし)の祭り」の際に、そこに集まった数千人の信者に元々パン5個と魚2尾のみだけだったものを”奇跡”によって数を増やして彼らに食べさせたり、更にガラリアの農民の結婚式に招かれたイエスが大きな”石甕”をプレゼントし、そこに入っていた水がいつの間にか”葡萄酒”に変わったり、そして、エルサレムのベテスダのいう地に”温泉”が湧き出る療養所があり、その中に38年間も病気が治らない人がいたため、”奇跡”によってその病気を治した(参考:週間スモールトーク(第17話) イエス・キリストⅡ~奇跡~)、などの例があります。いずれにしても、”ユダヤ/キリスト教系”の”神”もしくは”聖人”が人々に何かを与えた、というエピソードが”サンタクロース伝説”の根本にある事は確かだと思います。

そして、この”ニコラス伝説”がオランダに伝わり、名前が”聖(セント)ニコラス→シンタクラース”と変化し、更にアメリカに植民したオランダ人が”ニコラス伝説”をもたらし、名前が”サンタクロース”に変化して、今日まで到っているのですが、問題なのは本来”小アジア(現在のトルコ)”出身であるニコラスが、何故”北極(もしくはその近辺のグリーンランドやフィンランド辺り)”を故郷とするサンタクロースに変化したのか? そして、何故8頭のトナカイに引かれて”ソリ”に乗って12月24日の”クリスマス・イブ”の日に純心な子供達に”プレゼント”を配るのか? これにはおそらく何かしらの”根拠”があるはずです。サンタをこのような”姿”に作り上げた人達はおそらく”只者”ではないと思います。おそらく”フリーメーソン”の人間が絡んでいるのではないでしょうか。そして、彼らは地球内部の”亜空間惑星=アルザル”の存在を知っており、そこに住んでいる住人が”失われたイスラエル10支族の末裔”である事も知っているはずです。すなわち、今日のサンタクロースの”イメージ”のモデルになっているのは、”プラズマ亜空間惑星アルザル”から”プラズマトンネル”を通って北極からUFOに乗って飛来した”エイリアン=アルザル人(イスラエル10支族)”ではなかろうか! それが、キリストやニコラスらの”聖人伝説”と融合して、今日の”サンタクロース伝説”として受け継がれているのではないでしょうか。

とすれば、”サンタクロース”はある意味”実在”する!という事になりますね。  

PR

素晴らしい!!

素晴らしい考察ですね~
伝説には必ず根拠がありま~す。

>何故8頭のトナカイに引かれて”ソリ”に乗って12月24日の”クリスマス・イブ”の日に純心な子供達に”プレゼント”を配るのか? 

→イナゴの大群が~まさにリンクしてそうですね~
八頭とは~船(舟+八+口)に関係している可能性がありますね~

アルザル人とのご対面が非常に楽しみで~す。
あとは~それまで~いかに備えるかにかかっているでしょう~

倭健命さん、ようこそ!

倭健命さん、コメント書き込みありがとうございます。ここは、開設して以来一度もコメントが無かったため、かなり寂しい思いをしておりました。

僕も、”最終戦争”の際に現れるとされる”イナゴの大群”となんか関係があるのでは?とは思っていました。そして、”8頭のトナカイ=ノアの箱舟に乗ったノア一家8人”というのは頷けますね。この発想はお見事だと思います。

となると、”クリスマスプレゼント”の”真意”とは、”光り輝く永遠不滅の体”であり、それは清い人間のみに与えられる、という事になりますね。「本当は恐ろしいグリム童話」なんて本がありましたけど、そう考えてみると、”神話”とか”伝説”の”真実”も考えようによっては恐ろしい内容である、というのがよくわかりますね。

  • 2006年12月28日木
  • 東国夷
  • 編集

いえいえ

>かなり寂しい思いをしておりました。
倭のブログにも~毎回、古さんがコメントをしてくれているので~
なんとか頑張れているところがありま~す。
相互依存で参りましょう~

>8頭のトナカイ=ノアの箱舟に乗ったノア一家8人”というのは頷けますね。
この発想はお見事だと思います。

これは飛鳥先生が漢字破字法で説かれたと思いま~す。

>”クリスマスプレゼント”の”真意”とは、”光り輝く永遠不滅の体”であり、
それは清い人間のみに与えられる

ノア一家より、光輝く永遠不滅の体=復活後の体を考察されるとはお見事で~す。

>神話”とか”伝説”の”真実”も考えようによっては恐ろしい内容である、というのがよくわかりますね。

その通りですね~
神話や伝説というものは何かがあったからそうなっているので~す。

URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL